• トップページ
  • 商品一覧
  • 会社紹介
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

落語ソムリエのブログ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

2022年 01月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
定休日
2022年 02月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      
定休日
78回両国亭砥寄席
 

トップ > パッケージから選ぶ > CD > 講談 古典怪異譚 二 旭堂南湖
ジャンルから選ぶ > 講談 > 講談 古典怪異譚 二 旭堂南湖
発売日から選ぶ > 2021年 > 10月 > 講談 古典怪異譚 二 旭堂南湖
お気に入りの噺家から選ぶ > その他 > 旭堂南湖 > 講談 古典怪異譚 二 旭堂南湖

講談 古典怪異譚 二 旭堂南湖

「小夜衣草紙より 蛤の吸い物」(30分)
宝暦という時代。大坂の北船場に、金持ちの若旦那で源次郎という男。これが新町の廓へ足を運びまして、小夜衣という花魁と深い仲になった。末は夫婦という誓紙を取り交わします。しかし、一年も経ちますと小夜衣の粗も見えてきて、二日に一度通っていたのが、十日に一度となる。
丁度、宝暦三年の春、桜ノ宮へ花見に参りました源次郎が、松平出羽守のお蔵屋敷を預かっている大野千左衛門の娘、お絹。このお絹に一目惚れ。恋煩いでございます。
縁談の申し込み。源次郎はお絹と結婚することになりました。それを知った小夜衣は剃刀で己の喉を切り裂いて絶命。いよいよ、婚礼の当日、小夜衣の亡霊が現れる……。
 

「恨みの鎌」(35分)
大和郡山から少し離れた寒村。ここに又兵衛という男があり、女房はお松。又吉という息子。
ある日、又兵衛が柴を背負って歩いてると、村松角右衛門という侍が馬にまたがって駆けてくる。馬の鼻先が又兵衛の背負っている薪に当たって、村松角右衛門は落馬した。村松はカッとなって、又兵衛を切り捨てた。夫を殺されて、泣くお松。
そんなある日、又吉は大勢の子供たちに「無念残念口惜しいを知らん奴。意気地なし」と馬鹿にされた。メソメソ泣きながら戻って参りまして、このことを母に話すと、お松は黙って、又吉を連れて、又兵衛の墓の前までやってきた。
この後、お松は我が身に代えて、「無念残念口惜しい」ということを教えてくれる……。
 

「真景累ヶ淵より 豊志賀の死」(18分)
近世落語界の名人、人情噺の大家、三遊亭円朝師の原作・真景累ヶ淵の内の一席。「宗悦殺し」の二十年後の物語。
江戸、池之端根津七軒町。富本節の師匠で豊志賀。年は三十九の女盛り。豊志賀宅の二階に弟子として住んでいたのが、下谷大門町の煙草屋勘蔵の甥、新吉。役者のようないい男。いつしか男嫌いの豊志賀といい仲になりました。
ところがこれが悪縁でして、豊志賀の父親は皆川宗悦といって按摩の金貸し。それが丁度今から二十年前、豊志賀が十七の時、深見新左衛門という旗本に斬り殺された。
その新左衛門の息子が新吉。当時生まれたばっかり。さあ、敵同士が恋人となって、これから二人はどうなりますことやら……。
 

「蘇生奇談」(27分)
エドガー・アラン・ポーが書いた「早すぎた埋葬」という作品があります。
これは生きながら土に埋められる恐怖を描いた名作ですが、似たような話が、日本の明治時代にも実際にありました。
植木屋で五兵衛という男。女房がおさきと申しまして、二人暮らしで子供はございません。この五兵衛さんは大酒飲み。
ある日、池辺さんという家へ仕事に行きまして、仕事を終えた後、焼酎を一升呑んだ。五兵衛さん、家に帰ってきたが、玄関先で倒れて気絶。女房が医者を呼ぶが、この医者は俗にタケノコ医者といって、後に藪医者に育つという頼りない医者。
このお医者さんが診察して、死亡診断書を書いたのでした。
当時は土葬。五平衛を寺へ運んで土に埋めたのですが、五兵衛は気絶をしていただけで、次第に知覚神経が回復してくると、墓の中で目を覚ました。
さあ、どうなる……。

商品コード : ISBN-87964
製造元 : パンローリング
価格 : 2,200円(税込)
ポイント : 110
数量
 

6100円以上は配送料無料(代引き手数料300円は別)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ