• トップページ
  • 商品一覧
  • 会社紹介
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

落語ソムリエのブログ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
19日 第44回亭砥寄席深川 百栄・文菊二人会
18日 林家きく麿CD発売記念口演
 

トップ > ジャンルから選ぶ > 落語 > 落語の入り口 想像と創造のコミュニケーション(本)
パッケージから選ぶ > > 落語の入り口 想像と創造のコミュニケーション(本)
お気に入りの噺家から選ぶ > 春風亭 > 一之輔 > 落語の入り口 想像と創造のコミュニケーション(本)
発売日から選ぶ > 2017年 > 7月 > 落語の入り口 想像と創造のコミュニケーション(本)

落語の入り口 想像と創造のコミュニケーション(本)

田はるこ(『昭和元禄落語心中』著者)[インタビュー・カバーイラスト]
春風亭一之輔[表現・仕草のいろは]
広瀬和生(落語評論家)[先端の落語家スタイル10]
ポップカルチャー、認知科学、AI、社会学まで、多角的視点から落語を紐解く!

「どこが面白いの?」「刺激的なの?」
漫画家、作家、映画監督、ミュージシャン、認知科学者たちの心をとらえる!
魅力的な落語の世界を、一から解きほぐす。
基本や疑問、噺のはなし。制作の裏側や、「落語ブーム」の解明まで。

2005 年以降ずっと続く"落語ブーム"。長寿番組「笑点」は視聴率ランキングの常連で、「赤めだか」「タイガー&ドラゴン」「どうらく息子」といった落語を題材とした作品が数多く制作され、寄席には若い女性ファン「らくこ」が連日押し寄せる。

本書では、江戸時代からの伝統・大衆芸能である落語について、一から知り、実際に足を運んで楽しむための入門書。何が面白い要素なのか、今聴いておくべき落語家は誰なのか、知っておくと“ 通”な専門用語などを、現役の落語家や漫画家、作家、認知科学者、社会学者などが多角的に紹介、分析する。

2017年7月発売
商品コード : ISBN-16429
製造元 : フィルムアート社
価格 : 1,836円(税込)
ポイント : 129
数量
 

6000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ