• トップページ
  • 商品一覧
  • 会社紹介
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

落語ソムリエのブログ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

2021年 04月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

トップ > ジャンルから選ぶ > 落語 > 古今亭右朝1
パッケージから選ぶ > CD > 古今亭右朝1
発売日から選ぶ > 2011年 > 古今亭右朝1
お気に入りの噺家から選ぶ > 古今亭 > 右朝 > 古今亭右朝1

古今亭右朝1

志ん八から100人目の真打ち昇進を果たした右朝師に、将来、どのような落語家になりたいかを訊ねたら「おなはしが上手なおぢぃさんが居るよ、、、って子供たちに言われたい。」と答えました。落語が大好きな右朝師は工夫を怠りません。同じ噺に当たっても、新しい発見があります。
 相手のセリフを想像させる一人語りの「一人酒盛」、打上げ花火の明かりを頼りに家来/同僚の仇を探す「たがや」、メガネが高価な時代に近視ギャグを集めたとの仮説を立てた「堀之内」、先輩からのお取り次ぎという「ガーコン」、、、同業者が高座の袖に集まります。
 亡くなる前には肺癌を隠し「声が出なくなる精神的な病」を楽屋で理路整然と若い落語家にギャグ入りで説明したとの風の便りが届きました。寄席文字と噺の師匠から一文字ずつ頂いた贅沢な芸名の右朝師
 
まさかの真打試験不合格に周囲は黙っていなかった。
一枚看板での「真打昇進披露興行」
 志ん八は古今亭右朝を襲名し
昭和最後の真打になった。

1「小言幸兵衛」
2「羽織の遊び」
3「花見の仇討」
4「干物箱」
 
音源提供:にっかん飛切落語会
イイノホールにて収録
商品コード : KNCA-10001
製造元 : キントトレコード
価格 : 3,740円(税込)
ポイント : 262
数量
 

6100円以上は配送料無料(代引き手数料300円は別)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ