• トップページ
  • 商品一覧
  • 会社紹介
  • ご利用案内
  • 買い物かご
  • お問い合わせ

落語ソムリエのブログ

Facebookはこちら

Twitterはこちら

2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
べっかば落語会20回記念口演
2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
第43回亭砥寄席「美女と雀々」
 

トップ > ジャンルから選ぶ > 落語 > 東横落語会 古今亭志ん朝
パッケージから選ぶ > CD > 東横落語会 古今亭志ん朝
お気に入りの噺家から選ぶ > 古今亭 > 志ん朝 > 東横落語会 古今亭志ん朝
大人買(セット物)から選ぶ > 東横落語会 古今亭志ん朝
発売日から選ぶ > 2010年 > 東横落語会 古今亭志ん朝

東横落語会 古今亭志ん朝

昭和の名人・古今亭志ん朝が、最も力を入れて上がった高座といわれるホール落語の最高峰
「東横落語会」。録音の現存する41席をすべて収めた21枚組CDと書籍をボックスにしたCDブック『東横落語会 古今亭志ん朝』が発刊された。
「東横落語会」は、1956年、東京・渋谷の東急百貨店内・東横ホールで文楽、圓生、三木助、小さん他昭和の大名人がレギュラー出演する会として始まった。志ん朝はこの会に、85年の最終回まで
実に27年間出演している。
ところが、この名落語会の音源は現存せず、幻の高座として落語通の間で語り継がれていた。
その録音テープが倉庫の奥から発掘され、約25年の歳月を経て、この度、世に出ることとなった
のである。
志ん朝十八番の『愛宕山』『火焔太鼓』等から、『近江八景』『稽古屋』等滅多に演らない演目も
収録。39歳〜40代の最も脂の乗り切った時代の志ん朝が堪能できる。編集担当者によれば、
これは「昭和の落語界にとって、世紀の発掘」とも言えるもので、その記録としての貴重性を重視し、本編は完全ノーカットで収録したのだという。
200ページにわたる書籍には、縞の着物を凛と着こなし力演する高座写真を巻頭に、立川談志、
林家正蔵他所縁のある13人が志ん朝との知られざる思い出話を語っていて、読み応え充分。
これぞ、“志ん朝決定版”といえよう。

【CD演目内容】
愛宕山、井戸の茶碗、茶金、刀屋、居残り佐平次、今戸の狐、稽古屋、幾代餅、文違い、
唐茄子屋政談、火焔太鼓、碁どろ、船徳、三軒長屋1、近江八景、三軒長屋2、雛鍔、明烏、
三方一両損、付き馬、子別れ、 首ったけ、水屋の富、千両みかん、二番煎じ、猫の皿 百川、
蒟蒻問答、たがや、 富久1、鰻屋、 黄金餅、夢金1、夢金2、芝浜、品川心中、三枚起請、
鰻のたいこ、佃祭1、佃祭2、豊志賀の死
商品コード : ISBN-4094801248
製造元 : 小学館
価格 : 32,400円(税込)
ポイント : 2,268
数量
 

6000円以上は配送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ